『ユダヤの商法』要点・感じたこと

【ユダヤの商法】の要点・感じたこと

『ユダヤの商法』を読んで、自分なりの要点・感じたことを書いていきます。

※僕は評論家ではないので本を評価することはしません。

Chan-NOB
みなさんが実際に本書を手に取るきっかけを作ることが目標です
この本は以下のような方にオススメの一冊です。
・昔から普遍な商売の法則について知りたい
・自分が商売するにあたってのヒントを得たい
・ソフトバンク孫さんやファーストリテイリング柳井さんが影響を受けた本に触れてみたい
・マクドナルドが大ヒットした理由を知りたい
それでは早速参りましょう。

『ユダヤの商法』要点・感想

ユダヤの商法の要点・感想

本書の要点は以下の通りです。

  1. 「78:22の法則」に則って商売をするユダヤ商人は負けるはずがない
  2. 他にはない武器を持って戦いに勝利する
  3. ユダヤ商法に商品はふたつしかない。それは女と口である
  4. 既成概念を吹っ飛ばして日本マクドナルドは大成功した

「78:22の法則」に則って商売をするユダヤ商人は負けるはずがない

ユダヤ人の商法はすべてこの「78:22の法則」によって成り立っています。

この法則は人間にはどうすることもできない全宇宙共通の大法則なのであります。

例えば、正方形とその正方形に内接する円の関係を取り上げます。
面積が100の正方形に内接する円の面積はおおよそ78であり、それ以外の部分の面積は22なのです。

また、働きアリを例に取ると、全体の78%は真面目に働くが、残りの22%はサボりまくるというのは有名な話ですよね。

Chan-NOB
えぇ、もちろん僕は22%でございます
本書では「78:22の法則」ですが、マーケティング業界などではパレートの法則も同義として紹介されたりします。
(パレートの法則は8:2ですがほぼほぼ一緒です!)
こちらは聞いたことある方も多いと思います。
そんな大法則に則って商売を繰り広げるユダヤ人は初めから勝者であると述べており、この「78:22の法則」を使って、宝石の売買で著者の藤田さんは成功を収めます。
藤田さんは、世の中の富を100とすると、その78は金持ちが独占していると考えました。
そこで、一流デパートに宝石店を出店し、金持ち一本釣りで商売することを狙ったのです。
当初周囲はその案に懐疑的でしたが、蓋を開けたら大成功。
出店した各所のデパートで数億円を売り上げたのです。
本書はもう50年近く前に書かれた本なので、現代でもその考えがストレートに通用するかと言われればわかりません。
しかし、何事にもいつの時代でも普遍の考え方というものは存在します。
孫さんや柳井さんにも影響を与えた本書は、そんな普遍の考え方というものが記載されているのかもしれません。

他にはない武器を持って戦いに勝利する

「まぁ、誰にでも言えそうなこと」だと思ったあなた。ご名答!

誰にでも言えることなのですが、実際に実践できている人ってどれくらいいるでしょうか??

Chan-NOB
少なくともアタシはひとつもありません(泣)
本書で紹介されているユダヤ人の武器、それは「語学力」と「計算能力」です。
世界をまたにかけて働きまわるユダヤ人は、最低2カ国語以上話すことができたそうです。
言い換えれば、自分自身の中に2つ以上のものの見方・考え方が存在すると言えるのです。
一方で、ユダヤ人は計算能力にも長けており、暗算の天才であることが述べられています。
つまりユダヤ人はこれらの能力で、ひとつの問題に対しあらゆる角度からものを考え、選択肢別の影響度を即時に計算することができたのです。
誰よりもスピーディーにさらに正確に物事を判断することができたのでしょう。
情報通信技術がそこまで発展していなかった時代において、これらの能力が絶大な力を発揮したことは容易に想像できますね。

ユダヤ商法に商品はふたつしかない。それは女と口である

Chan-NOB
「世の中には2種類の男しか居ない。 俺か、俺以外か」っぽいっすね!
「ユダヤ商法に商品はふたつしかない。それは女と口である」これはユダヤ商法4000年の公理だそうです。
中国4000年の歴史もびっくりの名言ですがどういうことなのでしょうか?
ユダヤ人的には「公理であるから証明も不要である」とのことです。
確かに!公理だから別に説明なんていらないですもんね!そのままの意味でお受け取りください。
・・・・・わからない方のために説明しましょう。
要は「商売で儲けるということは、他人からお金を奪うということであり、女を狙って金を奪え!」ということなのです。
Chan-NOB
は?意味わからん
・・・・・全然「要は」ができてなくてすみません。
まずは第1に狙うべきもの「女」についてです。
当時の時代背景をもとに考えます。
当時は夫が外で稼いで妻は家庭・家計を管理するのが一般的だったようです。
なので、儲かったお金は夫ではなく、妻が握っていることになります。
つまり、お金を持っていない男をどれだけ攻めても効果は薄く、お金を持っている女の方を狙え。ということになるのです。
どうでしょうか?
ちゃんと「つまり」をできていたでしょうか?!
できていようがいまいが、次にいきます。
第2に狙うべきものは「口」です。
これはなんとなく想像つきますね。
口から入るもの=食品です。
口から体内に入った商品は消化され、エネルギーとなり消費される。
数時間後にはまた別の商品が必要となるのです。
需要が大きいので儲けられる可能性が高くなるのです。
なるほどな〜と思ってしまいますよね。
このように本書は戦略を立てて商売をすることの必要性と、その戦略の強さの重要性を教えてくれるのです。

既成概念を吹っ飛ばして日本マクドナルドは大成功した

先ほどの「女と口を狙え」というユダヤの教えで既成概念を吹っ飛ばして大成功を収めたのが日本マクドナルドです。

本書筆者の藤田 田(ふじた でん)さんは、日本マクドナルドの創設者であります。
創設当初は「米と魚を食べる日本人にパンと肉のハンバーガーなんか売れやしない」と揶揄されたそうです。

しかし、藤田さんは年々米の消費量が減っていることを分析しており、パンが流行る可能性を見出していたのです。

何事も流行に敏感なのは女性の方です。
女性の憧れの土地、銀座のデパート三越の一角に日本マクドナルド1号店を構えました。

この藤田さんの目論見は見事的中し、すぐに大流行となりました。
当初の計算では、一日の売り上げ予想30万円だったところが、実際には連日100万円を売り上げるほどだったそうです。

これだけ人気の店にも関わらず店は小さかったため、全てのお客さんを店内に入れることができませんでした。
そこでとった作戦が「テイクアウト」です。

これも大成功を収め、銀座三越前の大通りはマクドナルドのハンバーガーを片手に歩く人が大勢現れたそうです。

もうこれは歩く広告と言っても過言ではありませんよね。

Chan-NOB
”勝利”の2文字が眩しく輝いています!
日本マクドナルドの大成功には藤田さんのこれまでの固定概念を吹き飛ばすアイディアがあったのです。

『ユダヤの商法』読み終えて

ユダヤの商標を読み終えて

本書はもう50年近く前に書かれた本ですが、そのエッセンスはいつの時代であっても通用する普遍の知恵なのだと思います。

ソフトバンクの孫さんは、この本を読んだことで「ノウハウは金になる」ということを学んだんだそうです。

その学びは後に大きな儲けを生み出すことに繋がります。

もちろん、時代は移り変わり、情報の流れるスピードは年々早くなっているため、見かけ上有益な情報というのは移ろいゆくものなのかもしれません。

しかし、その中でも本当に重要なことというのは見かけ・言い方が変わったように思えても、その本質は何も変わらないのではないでしょうか。

長い間絶版となっており、中古本市場では数万円で取引されていたという本書が再び再販されるようになりました。

もしかすると現代人の多くが見えていない「商売の本質」をもう一度気づかせるためなのかもしれません。

『ユダヤの商法』著者:藤田 田さんについて

ユダヤの商法 著者:藤田 田さんについて

ユダヤの商法の著者:藤田 田(ふじた でん)さんは、大正から平成までを生きた実業家です。

アメリカからマクドナルドやトイザらスなどを日本に持ちこんだ偉大なる方です。

本書は、そんな藤田さんがユダヤ人から学んだ商売に関する知見・ノウハウを具体例を交えて執筆した一冊です。
ソフトバンクの孫さんや、ファーストリテイリングの柳井さんにも影響を与えたことで有名です。
これから商売を初めようと考えている方やすでに商売をしている方だけでなく、全ての人間にオススメできる「社会でどのようにして勝負してくか」を学べる良本だと思います。
Chan-NOB
マクドナルドが食べられる感謝を噛み締めて本書を熟読してください
今回は以上です。

【ユダヤの商法】の要点・感じたこと
\よろしければフォローお願いします/

書評・レビューの最新記事4件