生産技術職の転職先タイプ別攻略法

生産技術職の転職先タイプ別転職攻略法

悩みを抱える人

転職に半歩踏み出した人

生産技術職をしていて、これから転職活動を開始しようと思います。

具体的にどのように動いていけばいいのだろう?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 他社同職種へ転職活動する場合の行動
  • 同社他職種へ転職活動する場合の行動
  • 他社他職種へ転職活動する場合の行動

生産技術職からの転職に関して、以下のような記事を書きました。

関連記事

[caption id="attachment_293" align="alignnone" width="300"] 転職を考えている人[/caption]最近転職を考えているのだが、生産技術職って[…]

生産技術職って転職しやすい?気になるあなたの背中を押します

この記事では、生産技術職からの転職のしやすさについてまとめ、転職に向けて一歩踏み出して欲しいというメッセージを伝えました。

それを受けて、本記事では転職先のタイプ別に転職に向けた具体的な行動を提案していきます。

この記事が少しでもみなさまのお役に立つことを願っております。

他社同職種へ転職活動する場合の行動

他社同職種へ転職活動する場合の行動

他社同職種へは、”自己分析と自己アピールポイントの作成”で転職活動を攻略しましょう!

ポイントは以下の3点です。

  • 現在までの自分の経験・知識を振り返る
  • 自分の強み(アピールポイント)を見出す
  • アピールポイントが転職先でも活きることを示す

そうです。まさに新卒就職活動をしていた時と同じです。あれと同じことをやるのです。

新卒就職活動の時とは違って、あなたは生産技術職として色々な経験を積んでいるはずです。それらを思い出して書き出し整理してみましょう。自分の年表を作る感じですね。

その時系列に沿った経験から何を学びましたか? ”〇〇に関する知識・技能”といった技術的な面や、”スケジューリング・チーム運営力”といった管理面での能力など様々なことが身についていることがわかると思います。

無駄な経験なんてないはずです。今一度しっかり整理してみましょう!

”自分だけで整理するのは少し不安がある” ”効率的に情報を整理していきたい”と思う方はプロに相談することを強くオススメします。

グダグダしてしまうとまた熱が冷めていつもの生活に戻ることになります。身体が暖まっている今、ぜひ半歩踏み出す勇気を。

ゲキサポ!転職

 >> ゲキサポ!転職で無料相談する

ゲキサポ!転職は、転職キャリアカウンセラーにマンツーマンでサポートしてもらえるサービスです。

転職のプロによるマンツーマンのサービスなので、あなたの疑問や悩みはきっと晴れることでしょう。

同社他職種へ転職活動する場合の行動

同社他職種へ転職活動する場合の行動

同社他職種へは、”徹底的な情報収集”で転職活動を攻略しましょう!

これに関しては企業ごとに制度が全然違うと思うので、正直はっきりとしたことは言えません。

しかし、ひとつだけ確実に言えることは、”社内転職は情報戦である”ということです。

どこの部署が人材不足中なのか?どんな人材を求めているのか?その部署のHPや社内報、知り合いづてでの情報収集など、できる限りの情報を集めることに専念しましょう。それが攻略への近道となるはずです。

また、情報を集めるのにはもうひとつ大きなメリットがあります。それは”その部署がブラックかどうかわかる”ことです。

通常、転職してみなければ転職先の実情はわかりません。しかし、社内転職は違います。社内にいるので、外向けに発信する良い情報だけではない内部情報まで手に入れることができるのです。

その組織に属す前に内情を知ることができるのは社内転職ならではです。徹底的に情報を集めて社内転職を成功させましょう!

他社他職種へ転職活動する場合の行動

他社他職種へ転職活動する場合の行動

他社他職種へは、”転職先で必要となるスキルを身に付ける”で転職活動を攻略しましょう!

スキルを身に付けるといっても、転職前に転職先で”飛び抜けたスキル”を身に付ける必要はありません。

なぜなら企業は、”あなたのこれまで身に付けたスキルと自社のスキルとのシナジー効果”を求めているからです。

とは言え、転職先で必要となるスキルを全く身に付けていないとなると会話もできない可能性があります。

そうなるとシナジー効果どころではありません。転職先で必要なスキルの基礎程度は学んでおきましょう。

スキルを身に付けながら転職活動をサポートして欲しいなら

エンジニアスクール「techmeets」

 >> エンジニアスクール「techmeets」でスキルを身に付ける

エンジニアスクール「techmeets」はオンラインでもオフラインでも学習することができるサービスです。一般的なオンラインスクールだと、学んで終わりがほとんどです。

しかし、ここは違います。転職活動のサポートも最初から最後まで手厚く行ってくれるのです。

転職先で必要となるスキルを身に付けながら転職活動を進められる、まさに一挙両得のサービスなのです。

身に付けることができるスキルは以下の通りです。

五大領域(コーディング・データベース・ネットワーク・セキュリティ・サーバー)

デザイン(フォトショップ・イラストレーター)

ITビジネス(案件の受注やエンジニアの潮流など)

カバーしているスキル領域が広いのが特徴ですね。

今も現役バリバリで現場で活躍されている講師しか在籍していないので、情報系のスキルを身に付けたい・デザインに関するスキルを身に付けたいという方には最適なサービスです。

 >> エンジニアスクール「techmeets」に無料相談する

生産技術からの転職にオススメなコンサル業界へ確実にアプローチしたいなら

上記した参考記事に書いたのですが、生産技術職からの転職にはコンサル業界がおすすめです。

理由は、生産技術職は様々な職種の人たちと関わりながら仕事をこなす場面が頻繁にあり、プロジェクト全体をコントロールする能力を身に付けていることが多いからです。

コンサル業界転職の実績No1【アクシスコンサルティング】

 >> コンサル業界転職の実績No1【アクシスコンサルティング】に無料相談する

アクシスコンサルティングは、コンサル業界への転職実績No.1の転職サポートサービスです。

おすすめポイントは以下の3点です。

アクセンチュアやBig4などの超大手コンサル企業への転職を中心にサポート

コンサルティングファームとの繋がりが強く、候補者を推薦できる

非公開独自求人が数多く存在する(全求人の内、約77%が該当)

せっかく転職するなら、年収が高く教育や福利厚生制度もしっかりしている大手企業を選びたいと誰もが思うはずです。

アクシスコンサルティングは、超大手コンサル企業への強いパイプを持っており、それら企業への候補者推薦も行ってくれます。業界からの信頼も高いので、非公開の独自求人の数が多いのも他にはない特徴です。

正に、コンサル業界に転職をお考えのあなたに最適な転職サービスなのです。

 >> コンサル業界転職の実績No1【アクシスコンサルティング】に無料会員登録する

最後にちょっと余談です

ここからはちょっと余談です。転職活動に限らない”行動”に対する僕の考えです。

30代男性の平均年収は439万円という調査結果があります。これを8時間労働として時給換算すると2,300円です。

つまり、働いていない間のあなたの1時間にも2,300円の価値があるのです。何をして過ごしますか?

働いていない時間の方にコストがかかっている

僕はそう思っています。就業時間外の普段の行動にこそコストがかかっていると考えるべきです。あなたの1時間には大きな価値があります。

「なかなか情報が整理できないな〜転職活動進まないな〜」と悩んでいるうちにどんどん時間は流れていき、結果的に転職活動に膨大なコストをかけることになります。

また、悩んでいるうちに転職への熱が冷めてしまった場合、機会損失となり、転職で上がるはずだったあなたの時給もそのままになってしまいます。

悩みを抱えている方は、その手のプロに協力を依頼するのがベターだと思います。

そうすることで、あなたが”本来悩むはずだった時間をプロに肩代わりしてもらえる”ようになるのです。

今回は以上となります。

ゲキサポ!転職

 >> ゲキサポ!転職で無料相談する

エンジニアスクール「techmeets」

 >> エンジニアスクール「techmeets」に無料相談する

コンサル業界転職の実績No1【アクシスコンサルティング】

 >> コンサル業界転職の実績No1【アクシスコンサルティング】に無料会員登録する

生産技術職の転職先タイプ別転職攻略法
\よろしければフォローお願いします/